利益を生み出すことのできるライターになるための6つのステップ

copy
  • 利益を生み出すコンテンツを作れるライターになりたい
  • 生産性の高いライターになりたい

より良いライターになるためには、常に変化し続けなければいけません。

利益を生み出し生産性の高いライターになるためには、毎日同じことをしているようでは、到底無理だと言えるでしょう。

人間は誰もが安定を望み、変化を嫌う生き物ですが、利益を生み出せるようになるためには、新しい物事に飛び込んでいかなければならないのです。

そこで本記事では、利益を生み出し、良いコンテンツを生み出すことのできるライターになるための、6つのステップを紹介します。

良いライターになるための6つのステップ

writing

以下では良いライターになるための、6つのステップを紹介していきます。

このステップをしっかりと行っていくことによって、あなたのコンテンツはより利益を生み出すものへと変化していくでしょう。

ステップ1.副詞をうまく使う

ある有名な作家は「副詞をうまく使え」と語っています。

副詞は確かに文章をうまく繋ぎ、洗練された印象を与えてくれるかもしれません。

しかし副詞を使うクセを付けてしまうと、ライターは臆病になってしまいます。

自分の気持ちやパーソナルな部分を表現することなく、副詞で覆い隠してるうちは、ライターとして成長することはできないでしょう。

副詞を利用することなく、シンプルで読み手にわかりやすい文章を書くことが、優れたライターになる第一歩です。

読者にわかりやすくするための副詞なのか、自分が気持ちよく文章を書くために使っているのか、もう一度見直してみましょう。

ステップ2.ブログのためではない、文章を書く

ブログにはブロガーという人がいて、ライターとは異なるものです。

ブログは「写真・リンク・動画」といった、様々な他のコンテンツを利用することができます。

一方でライターは、文章だけで物事を伝えきることができなければいけません。

ライターはリサーチを行い、白紙に文章を書き込み、言葉に集中して、相手に分かりやすく伝えることができるようなコンテンツを作成しなければいけません。

編集作業や、リンクを貼り付けたり、Twitterのツイートを埋め込んだりすることは、文章を作成してからでもすることができる作業です。

最初から安易に他のコンテンツに頼り切って、文章を作成してしまっては、ライターとして成長することはできないでしょう。まずはコンテンツを作る際に、書くことだけに集中してください。

ステップ3.時間を決めてライティンを始める

ライターにとって一番難しいことは、もしかしたら椅子を引いて机の前に座ることかもしれません。

仕事を始めるということは、なかなかのエネルギーの要ることで、最初の一文字を書くのに何時間も費やしたという方もいるのではないでしょうか。

仕事を始める事をだらだらと先延ばししてしまっては、いつまでもライターとして成長することはできません。

そこで、まずは1日の中でライティングをする時間を決めてしまいましょう。

書く時間の量を物理的に増やすことによって、より良いライターになる可能性が高くなります。

最初は1日の中の10分でも構いません。毎日少しずつ増やしていくことによって、集中する時間を増やすことができます。

スケジュールを決めて、しっかりと規律を守った生活を送ることができることも、良いライターになるためのひとつの関門です。

ステップ4.視点を変える

しっかりと時間を決めてライティングを行ったとしても、一日中ずっと椅子に座ったままでは、良いコンテンツを生み出すことはできないでしょう。

そこで「視点を変える」ということも重要になります。例えば、誰かと議論をすることによって、新しいアイディアが浮かぶかもしれません。

実際に、第三者の目にコンテンツを触れさせることで、より洗練したものを作り出すことができるでしょう。

プレッシャーを感じずに、何気ない会話の中を行うことこそが、良いアイデアをきっかけになるのです。

意識的に視点を変えるという事を出来るようになれば、あなたは一流のライターになることができること間違いありません。

ステップ5.他のライターから盗む

他の成功しているライターを研究して、どういった文章が効果的なのかを分析し、自分自身の文章に新しい表現を導入するのも重要なことになります。

自分が今持っているライティング技術をより良くするためには、他の人から表現を学ぶほかありません。

また優れたライターが行なっているルーティンを真似するというのも、おすすめです。

他の人が行なっている様々なことを試すことによって、新しい刺激を受けることができます。

どういったことがうまくいくのか、何が自分に合わないのかを知る事によって、より良いコンテンツを生み出すことができるようになるでしょう。

ステップ6.風呂場にメモを用意する

良いアイディアというのはお風呂やトイレといった、自分がリラックスしている場所で生まれることが多いです。

リラックスしているということは、脳が最も効果的に働いてくれる瞬間でもあるので、煮詰まっている時などにお風呂やトイレに行くと、素晴らしいアイデアが生まれる可能性があります。

そういった時に、アイデアを書き留めるメモがないと大きな損失といえるでしょう。

そのため、お風呂に入っている時や、トイレに座っている時などに、思いついたことを気軽にメモして貼っておけるように準備しておくことをおすすめします。

まとめ 良いライターになるための6つのステップ

power-on-SNS

今回紹介してきた6つのステップは、あくまでもほんの一例に過ぎません。

優れたライターになるためには、他にも様々なことができるでしょう。

しかし、いきなり生活を劇的に変えて様々なことを試してしまうと、大きなストレスで挫折してしまいがちです。

まずは新しい事を一つ始めることからスタートしましょう。

毎日新しいことを少しずつ取り入れる事によって、あなたは様々な経験をすることができます。

その経験が良いライターになるための大きな力になるのです。

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

writing

読者の興味を引くコンテンツを作るためのたった2つの方法とは

効果的なコンテンツにはこの5つの要素があります

コンテンツマーケティングで注目を集める5つの方法

コンテンツ戦略を立てる上で重要な6つのポイント

書き始められない時に:バシッと始まる5つのオープニング

Podcast第046回目「プロモーションにつながる顧客の声のとり方」