コンテンツマーケティングの成功に必要不可欠な4つの基本と絶対にやってはいけないこと

pop-up

コンテンツマーケティングで成功するためには、4つの基本的な事項を抑えることが重要です。

この4つの基本を抑えることが出来なければ、間違ったマーケティングをし続けてしまいます。

その結果ユーザーである消費者には、忌避されてしまう可能性が高まり、マーケティング活動が逆効果になる可能性もあるでしょう。

そこで今回は、コンテンツマーケティングに関して、やってはいけない具体例に加えて、抑えておかなければいけない基本を紹介します。

コンテンツマーケティングで絶対にやってはいけないこと

attention-please

これはコンテンツマーケティングで、絶対にやってはいけないことをしてしまった会社の実例です。

以下の具体例は、ある女性がインターネットで商品を買ったことで始まった、間違ったコンテンツマーケティングの例になります。

コンテンツマーケティングの失敗例:ある女性の体験談

私はある石鹸会社と愛憎入り混じった関係を持っています。

5年ほど前に、私はネットである会社の石鹸に出会いました。

その商品は希少でユニークな香りと、自然由来の成分で出来ていることがウリのものであり、とても魅力的であったことを覚えています。

価格もリーズナブルであり、求めやすいのも大きなメリットだったので、私はすぐに購入することを決めたのです。

これが悲劇の始まりだったということは、私にとっては全く予想もできないことでした。

注文確認の通知を受け取るために、自分のメールアドレスを共有する必要がありました。

数日のうちに、私は見たくもないマーケティングのメールをいくつも受信していることに気づいたのです。

【クーポン。スペシャルセール。新しい石鹸。新しい香り。送料無料。】

こういったメールを見るたびに、注文した会社のマーケティング担当が喜んでいるのが目に浮かぶようです。

欲しかった商品は、香りも素晴らしく使い勝手が良かったので、しばらくはマーケティングに関するメールも我慢していました。

しかし我慢ができなくなった私は、送られてきたカタログは全て埋立地に送るか燃やすかで処理し始めたのを覚えています。

もっとも毎日のように送られてくるマーケティングメールやカタログに疲れ果ててしまったので、配信停止をしてくれるよう会社の担当に懇願しました。

この事例からわかることは、この会社のマーケティング部門の責任者は、コンテンツマーケティングに関する4つの基本的なことを分かっていないということです。

コンテンツマーケティングに関する4つの基本

world-view

上記のような、ともすれば迷惑行為になりかねないマーケティングは絶対に避けなければいけません。

そこで効果的なマーケティングを行うために、コンテンツマーケティングに関する4つの基本を以下で解説していきます。

コンテンツマーケティングの基本 ①コンテンツは押しても売れない、引っ張るもの

コンテンツマーケティングを効果的に行うには、見込み客をカタログで埋め尽くしたり、セールスメールで受信箱を埋め尽くすことは絶対にしてはいけません。

効果的なコンテンツマーケティングのためには、価値のある有益な情報を提供し、さらには楽しい情報を提供する必要があります。

こういった情報に関しては、見込み客が意図的にそれを受け取るためにサインアップするほど有益なものです。

そうして受け取ったコンテンツが一貫して有益なものであれば、見込み客はその情報に固執するようになります。

コンテンツマーケティングの基本② コンテンツは提供するものであり、要求するものではない

コンテンツマーケティングを堅実で効果的に行うためには、足を踏み鳴らしたり、声高に注意を払えと要求したりする必要はありません。

その代わりに、自信を持って手を差し伸べ、必要な時に必要な情報を正確に提供する必要があります。

現代のコンテンツマーケッターがこれを行う方法の一つとしては、マーケティングオートメーションを利用することが考えられます。

例えば上記で紹介した会社が、ある晴れた洗濯日和に、洗濯洗剤に関するパンフレットやメールを送っていたら、主婦である女性はそのコンテンツに反応する可能性は高くなるでしょう。

適切なタイミングに、適切な情報を提供するということが重要なのです。

コンテンツマーケティングの基本 ③楽しませるコンテンツを提供する

効果的なコンテンツマーケティングを実現するには、オーディエンスの役に立つコンテンツでなければならないということです。

そのための一つの方法は、オーディエンスがどこにいようと、魅力的なコンテンツでオーディエンスを満足させるということになります。

例えば、メールだけではなくポットキャストによる音声配信や、動画配信といったこともマーケティングの1手段として行うことが可能です。

コンテンツマーケティングの基本 ④コンテンツは消費者のためのもの

コンテンツマーケティングを行う人にとって、忘れてはいけないのが、コンテンツは消費者のためにあるということです。

マーケティングを行う人は、常に下記のような思いを抱いています。

「常に自社の商品を売りたい。自社の歴史・目標・声明・新製品を知って欲しい。だからコンテンツは、新製品のことや自社の詳しいことを書く。」

これでは、コンテンツを読むであろうユーザーは、興味を抱かないのも無理はないでしょう。

マーケティングを行う人は、こういった自分・自社を優先した考えを捨て切ることができていません。

自分が顧客であり、消費者であることを思い出してみてください。

執拗なマーケティング活動に辟易として、売りたいことが前面にでているコンテンツに呆れ返った経験はありませんか。

消費者の生活を豊かにして、便利にするコンテンツを提供することこそが、コンテンツマーケティングの基本にして王道なのです。

コンテンツマーケティングで成功するためには

writing

コンテンツマーケティングで成功するためには、今回紹介した4つの基本を抑えることが重要です。

あなたの見込み客や顧客のニーズにしっかりとコンテンツを提供することによって、ユーザーである消費者は必ず応えてくれるでしょう。

そしてそのために非常に効果的なテクニックは、あなたのウェブサイトの中心となるコンテンツページのシリーズを作成することです。

コンテンツに関するシリーズのページを作成することで、見込み客や顧客があなたの専門分野を理解する必要な情報を提供してくれるでしょう。

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

confidence

懐疑的な読者が新しいアイデアを受け入れるように説得する方法 

content-marketing-meeting

コンテンツマーケティングにおける究極のコンテンツの作り方【世界観を活用する】とは

見込み客や顧客ともっと深い繋がりを持つ方法

start

CV率の高い「スタートページ」の作り方とは

Podcast第088回目「顧客満足度世界No.1がやっている顧客満足度を高める...

Podcast第090回目「申込みが殺到する!マーケティング最強テクニック」