コンテンツを作る上で活用することができるライティングテクニックとは?

network

毎日、ブログのために新しいトピックを作成しなければいけない場合、何を作れば良いのか行き詰まってしまうこともあるのではないでしょうか。

もしくは、ビジネスにおいて競合他社とは異なる独自の売り込みの仕方をできずに悩んでいることもあるかもしれません。

こういった問題はすべて、ユーザーに良い情報を届けようとしていることを目指しているライターにとっては、当たり前のことです。

読者の心へ響くようなコンテンツを作成することが私たちの目標なので、その目標を達成しようと頭を悩ませることはほとんどのユーザーが直面する問題になります。

またかなりの時間悩んでコンテンツを作成したとしても、なかなかユーザーの心に響くコンテンツを作成することはできないでしょう。

そこで今回の記事では、こういった悩みを解決するためのライティング技術について紹介していきます。

コンテンツを簡単に作れるフリーライティングとは

question

フリーライティングとは、頭の中で思いついたアイデアを紙の上やドキュメントに書き込むことによって、考え込むことなく素早くコンテンツを作成することです。

この方法は、フィクションやノンフィクションの作家が、 アイデアを生み出したい時や、立ちふさがっている課題を解決したいときなどに使うクリエイティブなテクニックになります。

アメリカでも有名なある作家は、フリーライティングについて以下のように定義して

【紙の上で考えることによって、通常のビジネスのでは達成することのできないほど、難しい思考レベルまで到達することができる】

コンテンツを作成するにあたっては、フリーライティングの技術を活用することで、より効率的かつ効果的に作業を行うことができます。

コンテンツの作り方:フリーライティングの方法

headline

コンテンツを作るにあたって、フリーライティングを行うには、以下のような方法が効果的です。

  • 自由に書く…ブレーンストーミングのように自由に書くこと
  • 速く書く…一旦止まって考えるのではなく、書き続ける
  • 限界に挑戦する…限られた時間の中で、限界に挑戦

また以下のようなやり方で、フリーライティングを行うことによって、より優れたコンテンツを生み出すことができるでしょう。

考え方を書く

多くのビジネス書などに共通していることですが、専門用語やビジネス用語を振りかざすことで、多くの著者は分かりやすく説明することから逃げています。

ライターとして優れたコンテンツを生み出し成功するためには、日常的な言葉で分かりやすく伝えられることが重要です。

フリーライティングをする時には、会話をするように文章を書きましょう。

そして、自然に書いた文章でビジネス用語などの専門的な言葉が出てきてしまう場合には、そういった言葉を意図的に排除してください。

自分の考えを書く

コンテンツを作る上でフリーライティングを行う際には、編集している余裕はありません。

思いもよらなかったアイデアや悪態など、想定していた話題から外れた場合も、必ずどこかに書きとめておきましょう。

またフリーライティングをする上では、中断されたことも書き留めておく必要があります。

誰かに声をかけられたり電話がかかってきたりしたことも、必ず書き留めておかなければなりません。

そうすることで、後から自分の考えを正確に思い出すことができます。

そして、想定していた現在のプロジェクトとは何も関係のないアイディアを思いついたら、そのアイディアをより発展させることに力を注ぎましょう。

想定されていたことよりも、こういった余談のようなものが、独創的で革新的なビジネスを生み出す可能性があるのです。

アイディアを複数の方法で表現する

アイディアを思いついたら、それを複数の方法で表現してみましょう。

何度も表現することによって、思いついたアイディアを明確化することができます。

明確化することで、インスピレーションによる思いつきを待つことよりも生産的な時間を過ごすことができるでしょう。

ここまでが、フリーライティングの基本的なやり方になります。

コンテンツマーケティングで目標を達成するための5つの方法

苦労

コンテンツマーケティングで、目標を達成するためにフリーライティングを活用する5つの方法について紹介します。

方法1.独自の販売提案を無料で書く

スマートなビジネスには、独自の販売提案があるというのが共通しています。

独自の販売提案で、競合他社との違いを伝えることによって、製品やサービスのマーケティングと販売が容易になるでしょう。

もっとも独自の販売提案を確立するというのは難しいことです。

そこでフリーライティングを活用することによって、様々なアイディアを文章に書き留め、後からつなぎ合わせることができ、ビジネスに利用することができるか判断するのに役立てることができます。

豊富なアイディアがあれば、魅力のある独自の販売提案を生み出すのには、そこまで苦労しないでしょう。

方法2.学びながら自由に書く

好きな本を読んでいる時は、気になった文章にマークをつけておきましょう。

余白にメモをしたり、読書で学んだことを別のノートに記録することが重要です。こういった読書の方法を取ることによって、自分の専門分野以外の情報を効率的に理解することができます。

本を読み終わったら、最も印象的だったアイディアを10個程度、インデックスに記録してみましょう。

その後一つずつ手に取って、それぞれのアイディアについて思いつくことを10分間自由に書いてみます。例えば以下のような質問を自分に投げかけてみてはいかがでしょうか。

  • このアイディアを人生・ビジネス・生活に役立てることができるか
  • 著者に賛成か反対か、なぜそのような考えなのか
  • 自分が思いついたアイディアは、他の人から見て画期的なのか

方法3.コンテンツのかけらを無料で公開する

ブログを書いている人は、いくつかのブログ記事を電子書籍に書いてみたいと思ったことはないでしょうか。

最も過去に書いたブログ記事が古くなっていたり、主張が変わっていたりしたらどうしますか。既存のコンテンツを無駄にしてそのままにしておくのではなく、そういった記事に関して2000文字くらいで自由に論じてみましょう。

新しく書いた記事と対比して、使える部分を組み合わせることで、記事を更新するのがおすすめです。

そうすることによって、過去の記事を有効活用しながら、オリジナルで魅力的な最新のコンテンツを作ることができます。

方法4.メルマガを作る

メルマガは、1度作ることができれば、勝手に働いてくれる優秀な従業員のようなものです。

最初の何通かは、難しく感じるかもしれませんが、1度作り始めれば簡単に何通も作成することができます。

メルマガを作る際にも、フリーライティングの技術を使うことによって、効果的に作業を進めることができるので、おすすめです。

方法5.ブログ20記事を無料で作成する

まずはブログ20記事を無料で制作しましょう。

最初は忍耐が必要になりますが、我慢して記事を作成することが必要です。

無料でブログ記事を作成する経験をすることで、コンテンツの作り方を肌で覚えることができます。

フリーライティングの技術を使って、いくつものアイデアを書き留め、記事の構成に使いましょう。

20記事分の構成をしっかりと考えて作成することは、ひとつのブログ記事を詳細に作ることよりもはるかに重要です。

20記事の構成を作成することを目標にすると、多くのアイデアを生み出さなければならないので、完璧主義から抜け出すことができます。

一つの記事を完璧に作成するよりも、なんとか20記事の構成を生み出す事の方が、生産性のある作業です。

20記事作成することができれば、以前のあなたよりも独創的で興味深いアイデアを生み出すことができるようになっているでしょう。

コンテンツマーケティングの目標に向かって自由に書く

important

今日からフリーライティングを始めて、様々なアイデアを書き留めることを習慣にすることができれば、あなたのビジネスは成功へと動き出すでしょう。

あなたは常に自由に書くことができていますか。

いますぐ机に向かって、アイディアを生み出す作業に勤しんでみましょう。

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Podcast第020回目「エリートのマーケティング7つの大罪:ブランディング」

blog

ブログをより面白くするための9つのヒント

Podcast第050回目「How to で語れ!」

初心者でも使える無料のポップアップツール「Leadin」

メールリストを増やす4つの手っ取り早い解決策

なぜコンテンツを作れないのか?