ライターとして成功する方法

ライターとして成功するためには、継続的に記事を書き続ける必要があることはご存じでしょう。

どこにも公開していなくとも毎日文章を書くことは、実践的な練習となり、先々必ず役に立ちます。

しかし、もし書きたいことが思いつかない場合、一体何を書けばいいのでしょうか?

記事の話題探しのために、日々パソコンに向かって検索しているという人も少なくないでしょう。話題探しのための検索から、一度離れてみてください。

ライターとして世界に向けて発信できる自分自身の体験談は必ずあるものです。

ライターとして成功したいと思うのであれば、まずは自分自身の経験を書いてみると良いですよ。

今回は、ライターとして成功する方法と、どのような文章が多くの読者を惹きつけるのか、考えていきます。

なぜ自分の身に起きたことを書くべきなのか

 

  • 暖炉に蜂が閉じ込められていた
  • スーパーで誰かが列に割り込んだ
  • 通勤ラッシュの渋滞に巻き込まれた

私自身が最初に文章を書き始めた頃、このような毎日の変哲のない出来事を記事にしていました。

現在でも私は、自分が伝えたい軸となるメッセージに基づいて記事を書いています。

しかし、執筆を始めたばかりの頃は伝えたいメインメッセージが、常にあるわけではありませんでした。

私は、意識的に記事の話題作りをしていたわけではなく、ただ自分の気持ちに耳を傾け、それを言葉にする習慣をつけるため、日々淡々と手を動かしていました。

これがライターになるための最初の一歩でした。

自分の身の回りで起こった出来事、それによって自分が感じた気持ちなどを文章にしてみてください。そうする事で、コンテンツ作成において有益なスキルを身に着けることができるのです。

魅力的な独自のコンテンツをつくる

個性のないコンテンツは、誰が書いたか分からない辞書のようなもので、だれの心にも響きません。

かといって、個性の強すぎるコンテンツもあまりプロフェッショナルではありませんよね。

文章を書けば書くほど、誰でも書けるような汎用的なコンテンツ、方向性のないコンテンツと焦点を絞った魅力的なコンテンツとの違いを認識できるようになります。

執筆の練習を重ねることで、ほかと差別化した記事を書けるようになり、自信もついてくるでしょう。

具体的な表現をつかって味気のないコンテンツを魅力的に

魅力的な記事を作成しようと思っているのであれば、曖昧な表現はもっとも避けるべきです。

臨場感のあるリアルな表現をすることがポイントになります。リアルな表現を使おうと思えば、やはり自分の経験を自分の言葉で書くことがポイントとなるでしょう。

明確で具体的な表現を使うことで、コンテンツをよりユニークなものにすることができます。

文章の表現方法を試行錯誤するなかで、自然と文章スキルが身につくでしょう。

第三者の立場になって文章を書く

うまく文章が書けなかったからといって、自分を責めず寛容になりましょう。

自分への思いやりは他の人への思いやりにつながり、そしてそれが素晴らしいコンテンツを書くことに繋がります。

私は半年以上前の自分の文章を読むたびに、身震いしていました。あまりに恥ずかしく、記事を書き直そうかと考えていた時期もあります。もしくはもうその話題について触れないでおこうかとさえ思ったこともあります。

今では自分自身に寛容になれているので、過去に書いた自分の文章も、ここに至るまでの軌跡として大切に思えるようになりました。

自分の経験について書くとき、とくに自分以外の人物が登場するストーリーを書く際は、一度立ち止まって、自分以外の視点から物事を見てみましょう。

読者の立場に立って文章を書くことは、読者との関係性やつながりを重視するコンテンツマーケッターにとって有益です。

記事を書かない日があってもいい

時には、疲れて文章を書く気が起きないこともあります。時には他のことをしたくなることもありますよね。それでも何かを書かなければならないというプレッシャーを感じることもあるでしょう。

記事作成の生産性を高めるためには、習慣化することをおすすめしますが、ある程度の柔軟さも認めてほしいと考えています。決めていた日時に必ずしも計画通りにやり遂げなくてもいいんです!

こうした習慣は、ストレスや不安、圧倒された気分を克服するのにも役立ちます。また、ライティングの仕事は本来予定していた時間ではなくても、適切なタイミングでうまくいくことが分かるでしょう。

変化に身を委ねる

自分が興味を持って執筆した話題や情報は、時間とともに変化していきます。

情報だけでなく、自分自身の意見や考え方も変わっていくもの。徐々に変化していくこともあれば、新しいことを試してみたいと思い、急に方向性を変えることもあります。

人として作家として成長していくと、あなたはコンテンツの話題によりこだわるようになるでしょう。記事のセンスは、執筆に専念することによって初めて熟成されます。

自身の経験を潜在的なストーリーとして捉えることは、あなたが執筆を始めるための第一歩です。

自身の生活を仕事にいかしましょう!

あなたが書く文章はひとつの作品として、決してしばられることなく、どんな事を書いてもいいですし、記事内で自分の存在を誇示してもいいでしょう!

自分自身に対して、またあなたの人生に対していい選択ができていると感じられると、自分の記事に対しても自信を持つことができ、より多くの読者を引き付けることができるでしょう。

 

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Podcast第060回目「コピーライティングは特効薬なのか?」

Podcast第083回目「そんな好きじゃないことならやめちまえ」

コンテンツをもっと読みやすくするための8つの簡単な方法

content-marketing

コンテンツマーケティングでクリエイティブな課題に直面したときの解決策とは

ibent

魅力的なコンテンツに欠かせない2つの要素とは

Podcast第034回目「うさん臭いと思う時はうさん臭いと言う勇気を持て!」