結果を出すための商品ページの作り方と平凡なものを魅力的に変える方法について

help

ある検索ワードを検索すると、特定の商品が上位を独占している光景をみたことはないでしょうか。

またある本を解説した際に、著者自身のページではなく、Amazonが表示された経験はないでしょうか。

さて、ここであなたに質問です。なぜ、著者自身の製品ページではなく、Amazonがトップの結果になっていると思いますか?思い当たる節はありませんか?

分からない人は、この記事を最後までお読みください。

特定の商品ページが検索結果を独占する3つの理由

geaアマゾンが他人の本の検索語を独占する理由の第一は、サイトの古さと権威です。

アマゾンは1995年にオンラインになって以来、多くの商品、特に書籍を扱う場所としての地位を確立してきました。

さらに、この11年間の何百万件もの取引により、アマゾンは信頼できるサイトとして確立されています。

次にアマゾンの商品ページには、最も多くのリンクが張られています(アフィリエイトプログラムが関係しています)。

第3に、アマゾンのページには関連するキーワードが満載されており、それらのキーワードは、以下のようなものがあります。

  • タイトル
  • 説明
  • 編集部のレビュー
  • 商品の詳細 ページの下の方にあります
  • カスタマーレビュー お客様の声

もちろん、Googleはウェブページのコンテンツを評価する際に多くの要素を考慮します。

しかし、この3つの要素は、その本に関する他のページよりも劇的な効果をもたらしています。

  1. サイトの年齢と権威
  2. リンク
  3. キーワードが豊富なコンテンツ

アマゾンのページは、本を買いたいと思っている人にとって、非常に貴重なリソースです。

商品説明には、興味をそそられるような詳細な記述があり、編集部のレビューには、基本的に第三者による推薦文が掲載されています。

また、カスタマーレビューは、ユーザーが作成した強力なコンテンツです。

これらの特徴は、キーワードの豊富なコピーに貢献し、見込み客との信頼関係を築きます。

すべての人がページのすべての行を読み、すべてのレビューに目を通すわけではありませんが(ジェフは566件ものレビューを掲載しています!)、明確で正確な商品説明をするには十分すぎるほどのコンテンツがあります。

言うまでもなく、説明が多ければ多いほど、商品の認知価値を高め、見込み客の購入に対する抵抗感を下げることができるのです。

では、アマゾンのコピーから何を学び、自社の商品ページを改善することができるのか、注目してみましょう。

コピーの落とし穴

concept製品ページとランディングページには、多くの共通点があります。

長い間、ランディングページのコピーに関して、有害なパターンが見られましたが、これは製品ページにも問題があるのです。

そのひとつが、私が “ショートコピーの罠 “と呼ぶものになります。

どのようなコンテンツでも起こりうることですが、多くのコピーライターは、無料のオプトインコンテンツのコピーを書くときにこの間違いを犯してしまうのです。

つまり、コピーライターやコンテンツマーケターは、「無料」だけで見込み客をコンバージョンさせることができると考えると、この罠に陥ってしまいます。

私たちの考え方は次のようなものです。

ヘッドライン、導入コピー、3つの箇条書き、コールトゥアクションの価値を理解しているので、訪問者も同じ知識を持っていると仮定します。

しかし、コピーが少ないランディングページに見込み客が訪れると、まったく違うことが起こります。

見込み客はコピーを吟味し、「コピーが薄いということは、無料コンテンツも薄いのだろう」と判断してしまうのです。

有料商品でも同じことが起こる

また、有料商品でもこのような失敗があります。

サイトはプロ仕様で、商品の画像も鮮明に掲載されてたとしても、競合他社の商品ではなく、この製品を購入する理由が提示されていなければ意味がありません。

残念ながら、見知らぬ人はあなたが商品に込めた苦労など気にしないのが普通です……

平凡なものを魅力的なものに変える方法

relationship

平凡なものを魅力的に変えるのは、ストーリーです。

人は皆ストーリーが好きであり、自分がそのサービスや製品を手に入れたらどのように変化するのかをストーリーから想像します。

そのため商品説明で1つのストーリーを語り、体験談を通して他のいくつかのストーリーを語ることができれば、平凡なものも魅力を秘めたものへと変わるでしょう。

あなたの商品ページを改善するのであれば、まずはAmazonを研究し、ストーリーが読み取れるページを制作しましょう。

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

書き方

成果の出るヘッドラインの作り方

Podcast第060回目「コピーライティングは特効薬なのか?」

魅力的なコンテンツにする刺激的な22のエレメント

copywriting

パワフルなマルチメディアコンテンツのための65のトリガーワード&フレーズ

many-business-man

多くの読者を惹きつけるコンテンツを作成する5つのコツ

絶妙なサブヘッドラインの書き方