コンテンツ戦略を立てる上で重要な6つのポイント

コンテンツ戦略を考える上で重要なこと、それは「リサーチがすべて」ということです。

コピーやコンテンツ戦略を評価していると、コピーコンテンツともいえるものをよく見かけます。

もっとも意図的にコピペをして、それをコンテンツとして公開しているわけではありません。

限られた情報(クライアントが口を閉ざしているのかもしれません)に基づいて仕事をしているか、単に他の人たちが何をしているのかを見回して、似たような安全なものを作っているのだと考えられます。

これらのアプローチはいずれも、コンテンツ戦略を「味気のない・血が通っていない」ものにしてしまいます。

そこでこのような事態を避けるために、コンテンツマーケティングで読者の注目を集め、維持するために研究すべき6つの分野をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

コンテンツ戦略において重要なポイント1. 消費者

consumer

コンテンツ戦略におけるリサーチは消費者から始まり、消費者で終わります。

このステップは、あなたの会社やクライアントの会社に関するものではありません。

また、あなたやあなたのクライアントが消費者についてどう考えているかということでもありません。

すべての意見は脇に置いておき、代わりに10数人の見込み客と10数人の実際の顧客にインタビューしてください。

  • ソーシャルメディアやフォーラムで、会社や製品についての人々の声を読む。
  • アマゾンのレビューを見る
  • アンケートを実施する
  • 顧客の希望や不安を知る
  • 共感マップを作成し、顧客体験をマッピングし、ペルソナを構築する

上記の手順を、消費者を理解し続けるまで何度でも繰り返します。

このようにあらゆるコンテンツは、まず消費者を出発点にしなければ、失敗に終わる可能性が高いでしょう。

コンテンツ戦略において重要なポイント 2. 競合他社

競争

直接的な競争相手と間接的な競争相手の両方を調べましょう。

直接的な競争相手とは、同じ顧客に対して同じような製品で競争している企業です。

間接的な競合他社は、見つけるのが少し難しいですが、例えば以下のようなやり方で見つけることができます。

あなたがオンラインのワイン販売会社だとしましょう。

直接的な競争相手は、他のオンライン・ワイン・コミッション、ワインショップ、ワイナリーなどです。

間接的な競争相手は、他の品種のアルコールを販売する業者(密造酒の蒸留業者や通販の地ビール)でしょう。

しかし、その他の間接的な競争相手としては、リラックスや多幸感を誘う薬物(マリファナバーなど)も考えられます。

コンテンツ・マーケターであるあなたの仕事は、そこにあるすべての選択肢を見つけることです。

そしてあらゆる手段を駆使して、あなたの提供するサービス・製品が唯一の明白な選択肢となるような価値提案をしなければいけません。

コンテンツ戦略において重要なポイント 3. 会社と製品

bandle次のステップは、会社と製品についてすべてを知ることです。

役員、営業担当者、開発者、エンジニア、顧客サービスチーム、ヘルプデスクの人たちに話を聞きましょう。

お客様の声やカスタマーサービスでのメールのやり取りにも目を通し、その製品について、会社全体を貫く流れを探してください。

  • 全員が同じ考えを持っているか?
  • 製品について意見の相違があるか?
  • 異なる視点から統一されたメッセージを作成するにはどうすればよいか?

次にその製品を家族や友人に使ってもらいましょう。

製品を使っている人を観察し、彼らの言葉に耳を傾け、自分自身に問いかけてみてください。

  • 会社の考えている使い方と、ユーザーの考えている使い方は同じか?
  • 意外な使い方をしている人はいないか?
  • 製品を使うとき、人々は何を言っているのか?

こうすることで会社と製品をより詳細に知ることが可能になります。

コンテンツ戦略において重要なポイント 4. チャネル

pop-up

チャネルは、製品が会社からお客様に届くまでの過程を理解するのに役立ちます。

  • 見込み客はどのようにして製品を見つけるのか?
  • 流通経路(実際の製品を顧客の手に渡す方法)はいくつあるのか?
  • 定期的にテストされているか?
  • 販売後に何が起こるかを理解しているか?

ここで便利なのがカスタマージャーニーマップです。

コンテンツ戦略において重要なポイント 5. 業界の動向

writing

4つの活動に続いて、その会社の業界で何が起こっているのかトレンドを見てみましょう。

  • 流行(短期的な人気)は何か?
  • トレンド(長期的、安定的な人気)は何か?

関連する業界誌、消費者向け雑誌、ブログなどを購読し、会社や製品に影響を与える可能性のある地域、州、連邦の法律にも目を配りましょう。

通常、大きなニュースはトップに上がってきますが、積極的に行動すれば、競合他社の一歩先を行くことができ、市場の変化を誰よりも早くキャッチすることができます。

コンテンツ戦略において重要なポイント 6. 世界の主な出来事

ibent

最後に、世界で何が起こっているのかアンテナをはって把握しておきましょう。

東南アジアで、あなたのビジネスに影響を与えるような出来事はありますか?

その地域に大きな市場があり、そこに参入したいが、深刻な不況に見舞われているのかもしれません。

あるいは、モンタナ州北部で政治的な混乱があり、インターネットの自由度のバランスが崩れるかもしれません。

誰にもわかりませんが世界ではどんなことでも起こりえます。

だからこそ、不意打ちを食らわないためにも、常にアンテナを張っておくべきなのです。

また、時事問題を利用した簡単なチャンスに気づくこともできるでしょう。

まとめ 新しいものを発見する

authority

リサーチには、目を引くコンテンツを作るための意外なフックがあります。

目標は、人々が「トピックX」について考えたときに、その企業や製品を思い浮かべるように位置づけることです。

そうすれば、コンテンツを勝つための最良のポジションに置くことができるだけでなく、コンテンツのアイデアを山のように掘り起こすことができるでしょう。

また、リサーチは1回で終わるものではなく、日常的な習慣であることを覚えておいてください。

リサーチの初期段階で学習曲線を下げ、その後繰り返して洗練されたものにしていくのです。

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Podcast第085回目「『売り込まずに』とか言うのは、クライアントに失礼」

なぜコンテンツを作れないのか?

Podcast第002回目「そもそも『コンテンツマーケティング』では何をするのか...

Podcast第028回目「ビジネスにメールマーケティングを採り入れるシンプルな...

content-marketing

たった1つのアイデアしかない時に16個の斬新な記事を書く方法

Research before making a strategy

コンテンツ戦略を立てる前に必ずやるべき6つのリサーチ