ビジネスを成長させる「最高の顧客」を作り出すための20のステップとは

step
  • インターネットをうまく利用してビジネスを成長させたい
  • 顧客を獲得するにはどうすれば良いのだろうか
  • 顧客をなかなか育てることができない

今回はこういった悩みを解決していきます。

ネットの世界で成功するためには多くのファンというのは必要ありません。

お金を払っても構わないという良き顧客を「最低1,000人」育てることができれば、あなたはネットの世界で大きく成功することができるでしょう。

そこで本記事では、ビジネスを大きく成長させてくれる顧客の作り方・育て方を20のステップで解説していきます。

最高の顧客を作り出す20のステップ

power-on-SNSビジネスをうまく成長させるためには、支えてくれる顧客が必要になります。

そこで顧客を作り出し成長させるための方法を、20のステップで紹介します。

これを実践するだけで、簡単に顧客を作り出し育てることができるので、ぜひ最後まで読み実践してみてください。

1.需要の高いテーマを選択する

需要の高いテーマを選択するということは最も重要です。

なぜなら需要がなければ、人は集まらず集まっても少人数でしょう。

需要があるテーマを選択して、ビジネスを始めることができれば、顧客を集めて育てることによって、利益を生み出すことが可能です。

2. 独自性を強調する

需要の高いテーマを選んだら、いかに自分が独自性を持っているかということを強調しましょう。

競合他社とは一線を画して、価値のある情報を提供していると印象づけることができれば、効果的に顧客を集めることができます。

3.顧客のプロファイリングを作成する

今あなたが行なっているビジネスにおいて、メインとなる顧客はどういった人でしょうか。

あなたが提供するコンテンツによって、その顧客が解決することのできる問題や悩みはどういったものになりますか。

どういった人に対して、情報を発信するか明確にしなければ、あなたのサービスや製品を購入してもらうということはできません。

4.メリットを特定する

人々は「それを購入したことによってどういった利益を得ることができるのか」ということを常に知りたがります。

あなたが提供しているもので、どういった利益を得ることができるのか、何を学ぶことができるのか、ということを特定し強調できなければ、お金を払おうと思う人はいないでしょう。

5.目標を立てる

将来の見込み顧客が求めるメリットを明確にしたら、それを満たすようなコンテンツを用意しましょう。

あくまでも顧客の目的を満たすことができるコンテンツを提供することこそが、 成功への近道になります。

6.目標とビジネスモデルを結びつける

目標を立てたら次にやることは、ビジネスモデルと結びつけるということです。

実際に顧客を獲得し育てることによって、あなたは利益を得ることができるでしょうか。

もしそうでなければ、目標やビジネスモデルを一旦修正する必要があります。

7.コンテンツの資料の準備と調査を行う

顧客に対するコンテンツの内容はどこから獲得するか決めなければなりません。

そのためにも、コンテンツの資料の準備と調査を行う必要があります。

資料や調査はしっかりとしたソースから獲得できているでしょうか。場合によっては専門家と提携することも選択肢に入れてください。

8.顧客を育てるための活動と演習を特定する

次に顧客を育てるための活動と演習を特定しましょう。

顧客が目的としている目標に基づいて、どういったことを行えばその目的を達成することができるのか考え、そのための活動や演習を定める必要があります。

ロードマップなどを作成して、分かりやすいように顧客に提供するのも良いかもしれません。

9. コースのトピック領域を特定する

人々が実際に何を達成して何になろうとしているのかが分かった時点で、何を教える必要があるのかを知っています。

多くの人は、このプロセス全体を逆手に取り、人々が教えられる必要があると思い込んでいるトピックから始めてしまいます。

しっかりと事前に教える・提供するトピックを定めて、分かりやすいものを顧客に提供しましょう。

10. コースカリキュラムを開発する

ここまで来たらトピックを全体的なカリキュラムの中に織り込んでいきましょう。

カリキュラムは、支配的なテーマを持つだけでなく、理解と行動につながるストーリーを語るべきです。

11. 初期コンテンツのメディアフォーマットを選択する

市場調査に基づいて顧客のプロフィールを作成したとき、顧客の希望するスタイルを探ったことでしょう。

彼らはテキスト、オーディオ、ビデオのいずれを好むのでしょうか?

多くの場合、コンテンツに最も適したフォーマットを使用することによって、最大限の効果を得ることができます。

12. 紹介コンテンツを開発する

ここまでで顧客を獲得し育てるためのコンテンツを開発する準備が整いました。

これまでに行ってきた作業のおかげで、より簡単にできるようになりましたが、記憶に残るように、顧客の注意を惹きつけて離さないような要素も必要です。

コンテンツを自分で開発するのか、それとも戦略的に外注するのかというのも決める必要があるでしょう。

13. 会員制サイトを構築する

どのようなビジネスモデルであっても、一般公開されたフロントエンドと会員専用のバックエンドを備えたウェブサイトが必要です。

14. ローンチ戦略とオファー

次に、あなたのサイトを世に送り出すための導入計画を立て、新しいプログラムで有料会員を集めるためには、どのようなオファーが最適なのかを考えてみましょう。

最初はどれだけ多くのメンバーを引き付けることができても、実際にはコースを教えるためにお金をもらうことになります。

さらに、プログラムは毎週改善されていくので、常にサイトを「再立ち上げ」し、より多くのメンバーを引き付けることができるでしょう。

15. プロスペクトマーケティングシステム

新しい見込み顧客を惹きつけ、時間をかけて彼らとの関係を構築するコンテンツマーケティング戦略を立てる必要があります。

これは一度作成して、メールのオートレスポンダーで自動化することができます。

16. サイトのコピーライティング

驚くべきことに、あなたが作ったコンテンツが効果的であるための、見込み顧客が求めるメリットはここまでですべて発見しています。

そこで、あなたのコンテンツがどのようにしてそれらのメリットを提供するのか効果的に伝えることで、見込み顧客を顧客に変えることが可能です。

17. ローンチのためのジョイントベンチャー

既存の聴衆はいませんか?

キラープログラムを開発し、他の人が裏書(とあなたに広告よりも良い結果を与える)とあなたのためにプレ販売を行います。

18. コミュニティ開発

メリットがあるからこそ、人々は参加し、コミュニティがあるからこそ、とどまります。

そのため獲得した顧客を維持するためのコミュニティを開発する必要があるでしょう。

19. 継続的なコンテンツ開発

ビジネスモデルによっては、継続的にコンテンツを作成(またはアウトソーシング)する必要があります。

また、期間が限られている場合もあります。

いずれにしても、最初はコンテンツから始め、メンバーからのフィードバックや評価を考慮しながら継続していくのが賢明です。

そうすれば、最終的にはより良いコンテンツを提供することができます。

20. 継続的なマーケティング

上記のように、どんな会員制プログラムでも、無料の説得力のあるコンテンツを使って、何度も「再リリース」することができます。

アトラクション戦略として、コースそのものの一部を公開することも可能です。

会員制サイトが常に新しいコンテンツを追加していれば、その会員制サイトは常に価値を高めているということを覚えておいてください。

まとめ

discover

今回紹介した20のステップによって「顧客を獲得し育てる」ということができるようになります。

顧客を上手く獲得し育てることができれば、ビジネスを軌道に乗せることが可能です。

そのためにも上記で紹介した20のステップをうまく活用して、あなたのビジネスを支える顧客を効果的に獲得し育ててください

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

affinity-marketing

アフィニティコンテンツ:あなたのコミュニティを育てる鍵となるコンテンツについて解...

power-on-SNS

「コンテンツは王様」という格言は本当か?

Podcast第043回目「狙ったターゲットが集まらない3つの原因とその対策」

Podcast第044回目「なぜニッチに絞るべきか?」

Podcast第082回目「知識不足は時間の無駄」

Podcast第083回目「そんな好きじゃないことならやめちまえ」