多くの読者を惹きつけるコンテンツを作成する5つのコツ

many-business-man

あなたは、ビジネスの目標を達成するため、読者の問題を解決して、内容が面白くオリジナリティ溢れるコンテンツを頑張って作成していると思います。

しかし折角、コンテンツを作成しても読者が少なかったら、ビジネスにつながりません。

読者が少ないと、コンテンツの方向性が正しいかどうかの判断ができませんし、そもそも読者に何らかの価値を与えることもサービスを提供することも不可能です。

どうせ苦労してライティングするなら、多くの人に読まれたくないですか?

そこで、多くの読者を惹きつけるコツを以下の5つにまとめました。

  • ヘッドライン(見出し)を工夫する。
  • ヘッドライン(見出し)に数字を入れる。
  • コンテンツの第一印象を良くする。
  • 具体的に読みやすくライティングする。
  • ネットワークを拡げる。

なお、単純に注意を引き付ければ、良いわけではありません。

注意を引き付けるには、刺激的で奇抜なことを書けば良いだけです。

しかし、内容が伴っていなければ、すぐに読者は落胆して離れていきます。

ビジネスで成功するためにも、これから紹介する5つの方法をぜひマスターしてください。

ヘッドライン(見出し)を工夫する

目次

ヘッドラインは、とても重要です。

あなたのWEBコンテンツは、一字一句丁寧に読まれる一字一句丁寧に読まれることはありません。

ほどんどの読者は、ヘッドラインを中心に全体をサッと読んで、詳しく読むかどうかを判断するのです。

ヘッドラインは、太字や大きい文字で目立たせるため、読者の注意を引き付けます。

一般的に言われていることですが、10人中8人がヘッドラインを読み、10人中2人が残りの文章を読みます。

もしあなたが魅力的なヘッドラインを書いていないならば、読者は文章を読まないでそのまま離れていきます。

では、どのようなヘッドラインを書けば良いのでしょうか?

読者の興味を引くだけでなく、どんな情報が得られるのかを明確に示しているヘッドラインです。

そして本文に引き込む力がヘッドラインにあれば、理想的です。

読者には、色々なタイプがいます。

「どれどれ、面白そうなことが書いていないかなァ」と前向きに読んでくれるとは限りません。

恐ろしいほどのスピードで流し読みするのが普通です。

そんな読者を惹きつけるには、巧妙に作成されたヘッドラインが必要となります。

たとえば、「英語を読んでみた」というより「英語がスラスラ読める方法」のように、記事を読むことによって得られる利益やベネフィットを、読者にしっかりと伝えてください。

ヘッドライン(見出し)に数字を入れる

number

WEBコンテンツ関連の書籍やマニュアルを読むと、大抵、「具体的な数字を入れなさい」と書いています。

実際、WEBサイトのタイトルやヘッドラインだけでなく、広告のキャッチコピーや書籍タイトルも数字を入れると、売上がアップし、販売実績が良くなったというケースも少なくありません。

あなたも、Googleなどの検索窓に調べたい「キーワード」を入力して検索したとき、思わず数字が入っているタイトルをクリックした経験があると思います。

数字が入ると、文章に説得力が増すからです。

数字が含まれているだけで、人を磁石のように吸引するのです。

「売上を劇的に上げる方法」よりも「売上を20%上げる方法」や「売上を劇的に上げる5つの方法」の方が先を読みたくなりませんか?

このように数字には、読者を引き付ける力があるのです。

ところが一方で、根拠のない数字を無理やり入れたり、頻繁に使ったりすると、「わざとらしい」「不正行為だ」などコンテンツの品質が悪くなると考えて、数字の使用を躊躇するライターもいます。

でも、心配はいりません。

エビデンスがしっかりしていて嘘でない場合は、むしろ読者の注目を集めてトラフィックを増やせます。

たとえば「5つの方法」というヘッドラインなのに、実際には4つの方法しか紹介していない場合は、ヘッドラインと本文が合っていないのでアウトです。

また、「97.5%の成功率」と書いてあるのに、どうして97.5%なのか根拠を示していないコンテンツは、それだけで信用を落とす恐れがあります。

しかし、しっかり根拠を示して誠実に書く場合は、積極的に数字を使って問題ありません。

コンテンツの第一印象を良くする

women&men-shakehands

メラビアンの法則を知っているでしょうか?

メラビアンの法則とは、心理学者のアルバート・メラビアン氏が提唱したもので、第一印象は見た目が55%とする法則です。

7-38-55のルールとも言われていて、言語情報が7%、聴覚情報が38%、そして見た目などの視覚情報が55%、人に影響を及ぼすというものです。

人に好かれようと思ったら、身だしなみをきちんと整えなさい、と言われるのはそのためです。

これは、コンテンツマーケティングの世界でも同じです。

第一印象が良ければ、コンテンツを読んでもらえるが、悪ければ、読者はすぐに離脱してGoogleの検索窓に戻ります。

あなたが読者だったら、古臭い陳腐なサイトデザインやヘッダー画像、広告ばかりのコンテンツを読みたいと思いますか?

読み込みの遅いサイトや、iphoneやAndroidスマホなどモバイル端末で読みにくいサイトも同じです。

読者は、イライラするなど急に不快感がこみ上げてきて、ページを閉じるでしょう。

特に最近では、モバイル端末を意識してコンテンツを作成することは大切です。

Googleは、2020年9月からモバイルファーストインデックス(MFI)に移行しました。

モバイルファーストインデックスとは、Googleの検索順位を決める評価基準をPCページからモバイルサイトに変更することです。

モバイル端末で読みやすくなることは、SEO(Search Engine Optimization)上でも効果があり、今後ますます重要になってきます。

したがって読者の離脱を防ぐためにも、第一印象が良いだけでなく、表示が早くモバイル端末でも読みやすいコンテンツを目指す必要があります。

  • 適度に画像を入れているか。
  • 文章は、漢字とかなのバランスが適切か(漢字が多いとページ全体が黒くなり、かなが多いと白くなる)。
  • サイトデザインは、コンテンツにマッチしていて好感が持てるか。
  • 画面表示が遅くないか。
  • モバイル端末でも読みやすいデザインになっているか。

上記のことをチェックし、問題があればすぐに改善することをおすすめします。

具体的に読みやすくライティングする

writing

文章には、いろいろな文体やレトリック(巧みな表現をする技法)があります。

小説家ならば、美しい言葉や魅惑的な比喩を使って作品を彩ります。

学者ならば、権威が失墜しないような専門的な言葉や、論理的な段落構成などを駆使します。

小学生低学年ならば、難しい漢字や誰も知らない言葉は使わないで、同級生が読んでも理解できるように、または学校の先生に褒められるように書きます。

しかしそういった文章は、コンテンツマーケティングには向きません。

コンテンツマーケティングで成功するのは読みやすく、読者を動かす文章です。

文章は、文法的に正しく書くのはもちろん、係り受けを明確にし、リズムに気を配ることで読みやすくなります。

たとえば、「優秀な人を引き付けるコンテンツ」は、「優秀な人」なのか「優秀なコンテンツ」なのか修飾・被修飾の関係が分かりにくいです。

だけど、「人を引き付ける優秀なコンテンツ」と語順をちょっと変えると、数段読みやすくなります。

リズミカルに書くことも重要です。語尾に変化をつけたり論理的に書いたりすることで、流れるように読めます。

とにかくスラスラ読める文章は、ストレスが読者に溜まらず、内容がストレートに伝わります。

分かりやすく書かれた文章を読んで、「もっと難しく書けよ」と文句を言う読者はいません。

また、数字もそうですが、具体的な文章はイメージしやすく、読者の行動を促します。

「優秀な人が欲しがる商品を売りなさい」と指示されていても、読者は何をして良いか分かりません。

優秀な人がどんな人で、欲しがる商品がどんな商品かを具体的に書くことで、行動できるのです。

ネットワークを拡げる

party-businessman

読者を惹きつけるコンテンツを作成したら、ネットワークを拡げ、露出を多くします。

読者が多ければ多いほど、ビジネスチャンスが増えます。

では、どうやれば良いのでしょうか?

いろいろな人と絡むことです。そして多くの人と友達になります。

具体的には、以下のことをすると良いでしょう。

  • SNS(Social Networking Service)で交流する。
  • ブログやYouTube動画にコメントを付ける。
  • オンラインサロンや社会人サークルに入会する。

ツイッターやインスタグラムなどSNSを使って、コンテンツを紹介するだけでなく、積極的にツイートしたり、リプライ&リツイートしたりして、多くの人と交流します。

SNSは一般の人だけでなく、有名な人と絡める強力なツールなので、大いに活用しましょう。

また、気になるブログやYouTube動画があったら、ぜひコメントをつけてみてください。

そこから新しい交流が生まれる可能性があります。

最近、流行りのオンラインサロンや、趣味の社会人サークルに参加するのもネットワークを拡げるきっかけになります。

オンラインサロンだと安いもので、1,000円/月から参加できますし、高いものでも10,000円/月前後です。

社会人サークルだったら、主催者が趣味で運営していることが多く、参加費はイベントなどの実費のみというところも少なくありません。

こうやって多くの人と絡んでいくと、コンテンツを紹介する機会も増え、場合によっては拡散してくれることも期待できます。

もしかしたら、交流している人の中から大企業の社長になる人も出てくるかもしれません。

ただし、有名なブロガーやインフルエンサーばかりと付き合うのは避けてください。

そういった人は下心がみえみえで、人から嫌われます。

できるだけ多くの人と絡むようにしましょう。

あなたの理解者が増え、味方になってくれる人が沢山いれば、あなたが作成したコンテンツも自然に露出が増えます。

まとめ

電球を指差す

読者を惹きつけるコンテンツ制作のコツについてまとめました。

これらの5つのコツをぜひ試してみてください。

一度にすべて試す必要はありません。

最初のうちは一つずつ意識して、無意識に使えるようになるまで繰り返し使いましょう。

実際に経験しないと、使えるようになれません。

あなたがもしコンテンツマーケティングで成功したかったら、すぐにでもことをおすすめします。

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Podcast第069回目「マーケッターは嫌われるリスクをとれ!」

なぜ「いいね!」を集めても売上にはならないのか?

affinity-marketing

アフィニティコンテンツ:あなたのコミュニティを育てる鍵となるコンテンツについて解...

メールリストを増やす4つの手っ取り早い解決策

Podcast第002回目「そもそも『コンテンツマーケティング』では何をするのか...

confidence

懐疑的な読者が新しいアイデアを受け入れるように説得する方法