コンテンツを作る上で肝に銘じておく必要がある効果的なたったひとつのポイントとは

content

自分の作成した文章やオンラインビジネスの商品制作をするといったコンテンツを作る上で、人々に何が欲しいのかということを問うのはかなり重要なことです。

ユーザーがサイトを閲覧して、私たちが制作したコンテンツを見る理由は、あなた自身に興味があるからではありません。

ユーザーが抱えている問題に対して、どういった解決策があるのかということを知るために、コンテンツを利用するのです。

そのためコンテンツを作る上で一番重要なことは、ユーザーが欲するものがどういったものかを明確化しそれを提供することになるといえるでしょう。

最もユーザーのほとんどは、自分たちが何を望んでいるのかということが分かっていない人もほとんどです。

そこで今回の記事では、コンテンツを作る際に必ず肝に銘じておきたい効果的なたったひとつのポイントについて、詳しく解説していきます。

これを心の片隅に入れるだけで、効果的にユーザーの欲するものを捉えたコンテンツを生み出すことが可能です。

コンテンツを閲覧するユーザーが抱えている矛盾

矛盾

何か目標を持って読書をしていたり調べものをしていたりする少数の人とは異なり、
ほとんどの人が目的意識をもって特定のサイトを訪れる
ということはありません。

漠然と何か悩みを抱えており、そういったことを解決してくれる魔法のようなサイトを探して、日々ネットサーフィンをしているのです。

コンテンツを作っているあなたは、もしかしたらサイトを訪れているユーザーが、何か明確な問題意識を持っているのではないかと思っているのではないでしょうか。

  • SEOに関する問題
  • コンテンツマーケティングに関する問題
  • コンテンツを作る際のやり方はどうすればいいか
  • マーケティングはどのようにうまくなれるのか

実際に上記の問題意識を持って、コンテンツを閲覧しに訪れるユーザーは少ないといって良いでしょう。

そのため「ユーザーは漠然とした悩みを抱え、それを解決してくれるものを心の奥底で求めている」という、ユーザー心理を事前に理解することによって、多くのことを学びとることが可能です。

コンテンツとはユーザーとのギャップを埋めるための架け橋

experience-map

コンテンツを作成するということは、ユーザーの心の奥底に眠っているニーズを理解して、それを満たすことにあります。

例えば、レスポンシブWordPressテーマはその典型例です。レスポンシブWordPressテーマは、モバイルデバイスが普及する前から既に制作が始まっており、誰もがそういったニーズがあるのかよく分からない中でも粛々と販売のためのマーケットプレイスが構築されていました。

誰もこのようなものが必要だと言っている人が、いなかったのにも関わらず作成していたのです。

しかしこのテーマを作成していた人は、将来的にモバイルデバイスが普及し、レスポンシブなテーマが要求されるであろうことを予測していました。

こういった誰もがニーズがないであろうと考えていることにも、将来を見通して取り組み、眠っているニーズを呼び起こしユーザーの悩みを解決する一手を打つことこそがコンテンツを作る上での極意になります。

コンテンツを読んで「考えたこともなかった」という体験を与える

電球を指差す

ユーザーがあなたの記事の最後に到達して、自発的に「そんなこと考えもしなかった!」と呟いたら、あなたは何かを掴むことができたと言えるでしょう。

ユーザーの心の中で明確化されていなかったニーズや問題意識を、記事というコンテンツで目の前に呼び寄せ、顕在化することができたからです。

実際に、コンテンツを作る際にこういった体験をユーザーにさせることを目標として、制作を行うことはかなりおすすめのやり方と言えます。

ここで面白いのは、ユーザーのこの反応を引き出すトピックを考えるためには、ニッチな領域へと積極的に参加しなければならないということです。

多くの場合、自分が必要としていて、まだ存在していないものだからこそ、ニーズがあり製品やコンテンツを作るということが始まります。

それがipodでありiphoneなのです。

ウォークマンは、ソニーのCEOが飛行機の中で音楽を聴きたいという理由で発明されました。

そのためコンテンツを作るブロガーやコピーライターの1番重要な仕事は、ユーザーが必要であるにも関わらず、まだ世に生まれ出ていないものを顕在化することといえるでしょう。

なぜユーザーはまだ知らないことを、わざわざ求めるのか?

例えば、市場のニーズを見つけて、それを解決するためのブログ記事やeコース、製品など優れたコンテンツを作りたいとしましょう。

  • もし、あなたのアイデアが、それを利用するユーザーにとって、少しだけ中心から外れているとしたらどうなるでしょうか?
  • もし彼らが実際にその商品を必要としていても、それを受け入れる準備ができていないとしたらどうなるでしょうか?

そこでコピーの出番になります。

コンテンツを通じて、なぜ彼らがこの特定のものを必要としている(欲しい)のかを示すストーリーやケーススタディを示すのです。

なぜそれが必要なのかということをユーザーにコンテンツを通じて理解してもらうことが、コンテンツを作るものの使命と言っても良いでしょう。

まとめ コンテンツを作る際には、ユーザーが欲しているものを作成する

important

この記事の最後に、オーディエンスやターゲットマーケットの話を聞くということで、必ずしもニーズを捉えることができるということではないということを述べて終わりにしたいと思います。

誰かに何を必要としているかを聞いても、聞いた人は何が必要なのか知らないかもしれません。

しかし、抱えている問題に注意深く耳を傾けることができたならば、ちょうどユーザーが本当に見たいと思うものを把握することができるかもしれません。

何を求めてるいるか、隠されたニーズを大衆から読み取り、それをコンテンツとして生み出すことができれば、あなたは成功へと確実に近づくことができるでしょう。

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

share

【シェアで拡散する】コンテンツを共有してもらうための7つの方法について

Podcast第046回目「プロモーションにつながる顧客の声のとり方」

copy

利益を生み出すことのできるライターになるための6つのステップ

Podcast第064回目「見込み客は女子高生」

content-marketing

アトラクションコンテンツ:スマートコンテンツマーケティング戦略の基盤について

コンテンツマーケティングに成功するための10の質問