コンテンツマーケターが考えるもっとも正しいGoogleとの付き合い方

google

Googleは本当に「普通のこと」をすることができません。

なぜなら、彼らが少しでも目に見える変更をするたびに、私たちのほとんどが疑問に思うからです。

これは私のランキングにどんな影響を与えるのだろう?

もしあなたのビジネスが検索ランキングに依存しているなら、おそらくあなたはGoogle誘発性ストレス障害を抱えているでしょう。

Googleのアップデートによって重要な要素が突然変わるのです。そして、その混乱を収拾するために奔走することになります。

正直に言うと、それはあなたの神経を逆なでするようなものでしょう。

ここでは、Copybloggerの創設者であるブライアン・クラーク氏のアドバイスをもとに、Googleについての考え方をご紹介します。

つまり、Googleがこのような行為をしても(そしてそれは定期的に行われていますが)、結局やれることはいくつかの恨み節と適度な微調整に限られるということです。

Googleを相手にするための5つのルールとは

googleGoogleを利用してビジネスを行っているのであれば、これから紹介する5つのルールをあらかじめ頭に入れておきましょう。

ルール1:明日なくなったらどうしよう?

Googleのツール(または自分がコントロールできない第三者のツール)を使うときは、いつでもこの質問が役に立ちます。

遅かれ早かれ、そのツール(あるいは検索ランキングなど)が一夜にして消滅してしまった場合のバックアッププランを自問してください。

明日、Facebookが消えたらどうするのか、Twitterが消えたらどうするのか、Googleの検索結果の順位が消えたらどうするのか、今すぐ自分に聞いてみてください。

オンラインの世界では、ツールやプログラムが消えてしまうと、文字通り一夜にして消えてしまうことがよくあります。

そのような事態に備えて、しっかりとした計画を立てておく必要があるでしょう。

ルール2:Googleはあなたに何の借りもありません

検索エンジンでの上位表示は市民権を得ているわけではありません。

あなたのコンテンツがGoogleに見つけてもらう「資格」はなく、それはGoogleがあなたに約束したサービスではありません。

奇妙なことに、GoogleはAdWordsプラットフォームに広告を掲載するためにあなたの多額の資金を受け入れることも約束しません。

多くの場合で、私たちは、検索エンジンで見つけてもらうために多大な労力を費やしているので、結果ページのジューシーなポジションを得る権利があると考えています。

しかし、そんなことはありません。

Googleのような企業が自分に与えてくれるものについての権利意識が強ければ強いほど、叩かれたときに感じる不満や怒りは大きくなります。

このゲームに長く参加していれば、そうなるでしょう。

ルール3:あなたもGoogleに何の借りもありません

あなたはGoogleのために働いているわけではありませんし、給料をもらったり、契約を結んだりすることもありません。

ベストプラクティスに関するGoogleの考えに従うかどうかは、完全にあなた次第です。

あなたは大人として、メリットとデメリットを考慮し、Googleを適切な視点から見て、その決断を下すべきです。

すべてを「Googleが望む方法」で行っても行わなくても(Googleはあなたに伝える気がないので、通常は推測するしかありませんが)、Googleはあなたに検索結果を提供する義務はありません。

私がよく言うように、Googleは高校時代の意地悪な女の子のようなものです。

彼女に好かれるための最善の方法は、ソーシャルシェアやリンク、パブリシティを得ようとしている間、彼女を無視することになります。

彼女がどう思うかを気にしなければしないほど、彼女はあなたのことを良く見る傾向があります。

ルール4:そのツールが得意なことに使う

良い検索結果を得ることが役に立たないと言っているわけではありません。

特にトピックやビジネスモデルによっては、役に立つこともあります。

人間の読者を混乱させることなく、また1日のあらゆる時間を費やすことなく、コンテンツに手を加えることができるのであれば、どうぞそれを行ってください。

いくつかのシンプルなツールを使えば、コンテンツを効率的に最適化することができます。

もしあなたの会社に、検索にすべての時間を割く強力なチームを雇うだけのリソースがあれば、それも構いません。

しかし、純粋に余裕がない場合や、避けられない嵐を切り抜けられない場合はやめておきましょう。

検索は長いゲームであることを認識してください。

視聴者とつながり、興味を持ってもらうには他の方法を使いましょう。

そして、時間をかけて素晴らしい検索順位が現れれば、それは素晴らしいことです。

ルール5:視聴者を第一に考える

これは、すべてのルールの中で最も重要なことです。

Googleのロボットはクレジットカードを持っておらず、あなたの製品やサービスを買うことはできません。

Googleに奉仕するのではなく、最終的にあなたの顧客となる人たちに奉仕しましょう。

  • 彼らが興味を持ち、ニーズを満たすコンテンツを作りましょう
  • 役に立つものを作りましょう
  • 楽しめるものにしましょう
  • 時間をかけて丁寧に作りましょう

ユーザーはすべての良いものを欲しがっているだけです。。

そして、Googleはユーザーがあなたを見つけるための一つの手段に過ぎません。

まとめ:Googleとの付き合い方

google

Googleはシフトしていきます。

だからといって、あなたがその流れに乗る必要はありません。

持続可能なアプローチを開発し、パニック発作や機能不全を後に残しましょう。

検索エンジンでの順位を気にしないほど、成長することができれば、あなたのサイトは逆に検索エンジンで評価を得ることができているでしょう。

 

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Podcast第074回目「『じゃあ、お前やれや』生兵法が一番危ない理由」

Podcast第004回目「コンテンツマーケティング=新しいSEO?」

Podcast第037回目「お金をかけない集客の罠」

Podcast第036回目「WEB時代だからこそ取り組むべきオフラインのマーケテ...

価値あるリスト構築のためのステップメール作成法

【実践インタビュー】500リストから情報セキュリティ担当者をたったの1ヶ月で90...