Facebookのリードを生み出すのに最適な投稿のアイデア

facebook

ほとんどのマーケターは、Facebookがあらゆる規模や業界の企業にとって重要なビジネスツールであることを知っています。

Facebookのデイリーアクティブユーザー数は11.3億人(モバイルだけでは10.3億人)で、他の方法ではリーチできなかった新しいオーディエンスにリーチするのに役立つことはご存知でしょう。

また、検索で見つけてもらいやすくしたり、ビジネスを中心としたコミュニティを作ったり、作成したコンテンツを宣伝したり、強力なブランドアイデンティティを確立したりするのにも役立ちます。

そこで今回の記事では、Facebookを利用したリードの産み方について詳しく解説していくので、参考にして実践してみてはいかがでしょうか。

Facebookを使ったリードとは?

facebookFacebookを利用して新しいリードを集め、最終的に有料顧客を集客するということは、Facebookマーケティングを利用する最も魅力的な理由の1つです。

しかし、マーケティング担当者の約半数は、リードの獲得にFacebookを利用していないことがわかりました。

そこでこの状況を変える必要があります。

たとえあなたがFacebookでリードを生み出しているとしても、私たちは皆、リードジェネレーションへの取り組みを少しだけ強化する必要があるでしょう。

ここでは、まずリードとは何か、そして、Facebookで生成できる2種類のリードについて説明します。

フェイスブックで獲得できる2種類のリード

定義はさまざまですが、一般的にリードとは、あなたの会社の製品やサービスに興味を示し、何らかの形で情報を提供してくれた人のことを指します。

電子書籍をダウンロードするためにフォームに入力したり、デモを依頼したり、オンラインアンケートに答えたりと、さまざまな方法で興味を示してくれるでしょう。

残念ながら、あなたのページのステータスアップデートや写真、動画に「いいね!」を押しただけでは、その人はリードにはなりません。

そのような行動は、あなたの会社や製品への興味を示すものではなく、あなたの投稿にかわいい子犬が写っていたから「いいね!」と言っただけかもしれないのです。

直接的なリード

直接的なリードは、コンテンツを共有し、ウェブサイト上のフォームに直接リンクし、訪問者が情報を共有することで、電子書籍、クーポン、インフォグラフィック、その他のコンテンツなどの提供を受けることができます。

このフォームは、特定のオファーに特化したランディングページに設置されます。

間接的なリード

間接的なリードは、コンバージョンに至るまでの過程でFacebookを利用することによって生成されます。

例えば、記事の下にランディングページへのコールトゥアクションがあるブログ記事をシェアした場合、最初のFacebookシェアは訪問者をそのランディングページに導くのに役立ちます。

ランディングページを直接宣伝することは、生成されたリードにすぐに感謝することになります。

一方でフォームなしでコンテンツを提供することは、ファンが何度も戻ってきたくなるような、Facebookプレゼンスをより親しみやすいホームにするでしょう。

Facebookからリードを生み出す方法

man-handsFacebookでリードを生成するための最良の方法の一つは、リードを生成するオファーのランディングページに直接人々を送ることです。

その際、そのオファーには、Facebookの投稿に引き込まれる魅力的なフィーチャー画像があることを確認しましょう。

Facebookがブログ記事から適切な画像をFacebookの投稿に取り込むためには、まず画像のサイズをFacebook用に最適化し、適切なオープングラフタグをウェブサイトに追加する必要があります。

また、読者にどこに送っているのかを明確にしておく必要があります。

ブログ記事をクリックし、フォームに入力しなければならないとわかったら、読者は混乱したり、不満を感じたりするでしょう。

あくまでもユーザーの利便を考えなければ、長期的なリードを生み出すことはできません。

まとめ Facebookでリードを生み出す

facebookFacebookのリードについてと、リードを生み出す方法について紹介しました。

あなたはFacebookでどのようにリードを生み出していますか?

あなたのFacebookファンには何が効果的で、何が効果的でないのかをしっかりと認識しているでしょうか。

 

今回の記事を機にFacebookの運用方法を見直してみましょう。

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

SNS

Facebookマーケティングを攻略する究極のガイド

share

顧客が好むSNSプラットフォームを発見する方法