セールスコピーから無意味な言葉を容赦なくカットする方法

copy

今回は以下のようなお悩みを解決する方法を紹介します。

  • いまいちセールスコピーで効果を出すことができない
  • セールスコピーをより効果的に書くやり方が知りたい

ビジネスのためにセールスコピーを書くときは、人柄を少し見せることが大切になります。

出来るだけ自然な言葉を使うのも良いアイデアでしょう。

そうすればセールスコピーを読んだユーザーが、あなたは見込み客や顧客を純粋に助けたいと思っている良心的な人間であることが分かるでしょう。

そこでコピーを作成する際には活躍しているコピーライターのように、会話形式で書いてみることをおすすめします。

もっとも会話形式で作成すると、無意味で必要の無い言葉が目立ってしまうのも事実です。

そこで本記事ではコピーを作成する際に、余計な言葉を容赦無くカットするための方法について解説します。

コピーの作成方法 1.汚い言葉を無闇に使わないこと

attention-please

ユーザーが汚い言葉いわゆる「スラング」を、好んでいるということが明確に分からない限り、そういった言葉を使うのはやめましょう。

特に電子メール、セールスページや他のタイプの “販売 “見返り品では、汚い言葉=スラングの使用は避けるべきです。

また略語や誇張的な表現もユーザーは嫌う傾向にあるので、避けることをおすすめします。

自分が日常生活を送っている際にイラッとする・気に触るような言葉をピックアップしておき、コピーを作成する時に利用しないようにしましょう。

なぜ汚い言葉を使ってはいけないのか

こういった言葉を利用してしまうと、作成したコピーに価値がなくなってしまいます。

ユーザーがあなたのセールスページを読んで、製品やサービスが合っているかどうかを判断するとき、余計な気を散らしてはいけません。

コピーのすべての行が途切れることなく、次の行に流れるように読むことができるようにしましょう。

汚い言葉やナンセンスな言葉をあなたの販売ページに掲載すると、ユーザーが文章を読んでいる邪魔をしてしまうので、使用しないよう注意が必要です。

コピーの作成方法 2.見込み客に望む行動をとるように集中させる

copy

会話形式のようにコピーを作成すると、話し言葉を無闇に含ませてしまうことがあります。

しかし話し言葉を無闇に含ませてしまうと、コピーを読んだユーザーは違和感を感じることがあるかもしれません。

文章を埋めるために話し言葉を含ませてしまうと、読み進めるうちに見込み客の意思決定プロセスを鈍らせてしまう可能性があります。

最悪の場合、汚い言葉や違和感のある話し言葉は読者の興味をそぐことになり、セールスページから離脱してしまうでしょう。

セールスコピーライターは、一つ一つの言葉を慎重に選ばなければなりません。

ページ上のすべての単語やフレーズには重みが必要であり、過剰に使われる感嘆符や話し言葉は(マジ?・〜でしょ?など)コピーから重みを無くしてしまう可能性があるので、注意する必要があります。

コピーの作成方法 3.コピーの効果を分析する

copy

コピーを作成する際には、作成した文章が必ず間違っていないか、成果を分析することで確認しましょう。

見込み客を分析して特定の単語やフレーズを利用することが多いということが分かったとしても、常にそれが効果的なものであるかということなのかは分かりません。

特定ほ単語やフレーズをテストして、それらを含めた場合に効果があるのかをしっかりと分析しましょう。

効果が上がらない場合には、それらを削除することをおすすめします。

見込み客が特定の言葉やフレーズをよく使っていたとしても、おそらくコピーには何も貢献していない可能性が高いからです。

まとめ コピーから無駄な言葉を削除してより効果的な文章にする

copy

今回紹介してきたことをまとめると、以下の通りです。

  • 汚い言葉は使わない
  • 話し言葉や感嘆符を無闇に使わない
  • コピーの効果を分析して余計な言葉を省く

上記3つをしっかりと踏まえて作成すれば、無駄な言葉を無くし効果的でスマートなコピーを作成することができます。

またコピーをよりタイトに読みやすくするための努力を怠らないことも重要です。

日常生活の中から自分の心に響くコピーを探してメモする、といったことを行うこともスキルを高めるためには効果的なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Podcast第064回目「見込み客は女子高生」

効果的なヘッドラインを作るための3つのシンプルな質問

魅力的なコンテンツにする刺激的な22のエレメント

Podcast第072回目「コピーは絶対に量産してはならない」

Podcast第066回目「いつまでもヘッドラインの書き方ばかり練習するな!」

書き始められない時に:バシッと始まる5つのオープニング