読者の興味を引くコンテンツを作るためのたった2つの方法とは

writing

ターゲットとなる人々は、あなたの記事を5,000本も読みたいとは思っていません。

1つの記事を読んで、そこに留まるかどうかを決めるでしょう。

その記事のメッセージが彼らの心に響けば、2回目、3回目と読んでくれるかもしれません。

そして、自然とあなたのメールリストに登録したり、会員制サイトに登録したりして、あなたとのつながりを保つことになります。

だからこそ、大量のコンテンツを量産するのではなく、記事を書くたびに「魔法をかける」ことに集中すべきなのです。

しかし、コンテンツに魔法をかけることは、特に始めたばかりの頃は簡単ではありません。

最初はセンスがあって、プロが作った注目すべきコンテンツを見分けることができても、自分のセンスで同じレベルのものを書く能力はありませんからね。

どうすれば、このもどかしい状況を克服し、自分が好きなコンテンツのクオリティに見合う文章を書くことができるのでしょうか?

今回の記事はこの点について詳しく解説していきます。

読者魅了する魔法のコンテンツを作る2つの方法

writing

「魔法」のコンテンツを作るためには、意図的に、そしてたくさん書かなければなりません。

速く書けば、たくさん書くのも簡単です。

良いコンテンツを作る方法 1.真似をする

目的を持って書く速く書くには、憧れの人の文章を真似るのが1番です。

好きな作家の作品を選び、その人の書き方を真似してみましょう。

剽窃するのではなく、単にそのスタイルを真似るのです。

テニス選手、ミュージシャン、作家など、誰もが憧れの人のスタイルを真似していますよね。

そうすることで、自分の好みと能力の差を縮めることができるのです。

スタイルをコピーする方法は、好きな作家の資料をたくさん読み、その作家になったつもりでコンテンツを書くことです。

その作家のスタイルをマスターしたら、次はギアを変えてみましょう。しばらくは他の人の作品をコピーし、次に3人目の人の作品をコピーする……。

そうすれば、コンテンツのセンスと文章力の差が縮まるはずです。

良いコンテンツを作る方法 2.スピードを上げて作る

私が記事を書き始めた頃は、600〜800字を書き上げるのに2日かかっていました。

どれくらいの期間でスピードアップできるのでしょうか?

可能性としては、12週間以内です。

多くの人が、1つの記事を書くのに3時間から4時間かかる傾向にあります(4週間かかったという人もいました)。

時間を決めて書くと、早く書けるようになります。

そこで、私は毎日、次のようにしていました。

  • 一人の作家の作品を、その作家の言葉が血管に響くようになるまで読む
  • 記事のアウトラインを考え、時間がなくなるまで書き続ける
  • 書き上げた記事のクオリティーを確認し、公開する
  • ギャップを恐れるな、ギャップを埋める努力をしろ

今の時代、コンテンツのテイストと自分の文章力にギャップがあるかもしれませんが、落胆する必要はありません。

他の人が自分より才能があると思っていては、何も始まらないのです。

憧れの文体を真似したり、書くタイミングを計ったりすることで、前に進むことができます。

二つの川が出会って混ざり合うように、それぞれのスタイルが融合して、自分だけの全く新しいスタイルが生まれるのです。

まずはタイマーを導入して、執筆時間を制限しましょう。

まとめ 自分だけのスタイルでコンテンツに魔法をかける

power-on-SNS

ターゲットとなるオーディエンスを感動させるためには、ウェブサイトに何百もの記事が必要だと思っているかもしれませんが、そうではありません。

あなたが書く記事はすべて、あなたの文章力とスピードを磨くための旅にすぎないのです。

あなたは、どのような文章の書き方を実践していますか?

『メルマガを送る前のチェックリスト』無料プレゼント!

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…。 「神は細部に宿る」と言うように、 「送信」ボタンを押す前にチェックすべき次項がいくつもあります。 メールマーケティングは一歩間違えれば、 スパムになりかねません。 そのような状況はどのように回避したらいいのか? メルマガを送る前のチェックリストをpdfファイルにまとめました。 あなたがメルマガを発行するときなどに、 ぜひご活用ください。 きっとメールのキャンペーンでの効果も、 読者の満足度も上がるでしょう。 ぜひこちらからダウンロードしてください。

メルマガチェックリストを無料でダウンロードする

pdfファイルに記載している各ステップの詳細については、
↓こちらの記事をご覧ください。

あなたが書き終えたメールを、 今まさにメールを送ろうとしています。 もしかしたら、せっかく書いたメールも、 無駄になってしまうかもしれません…...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

contents

コンテンツマーケティングとコピーライティングの違いとは?良いコンテンツを作るため...

Podcast第021回目「エリートのマーケティング7つの大罪:競合ばかり気にす...

pop-up

コンテンツマーケティングの成功に必要不可欠な4つの基本と絶対にやってはいけないこ...

なぜリスト記事は読まれるのか?7つのカギ

Podcast第030回目「マーケティングに向いてる人向いてない人」

Podcast第067回目「日本企業の殆どはナンパ師!」